川口、蕨、戸田、さいたまで残業代・退職を請求するなら弁護士へ

大野法律事務所(労働)

〒332‐0035
埼玉県川口市西青木2-1-45 レクイアーレ101号

埼玉県川口市の法律事務所です。埼玉県川口、西川口、蕨、戸田、さいたま(南浦和、浦和、大宮)の相談相談は川口市の弁護士へ

相続問題、遺言作成、債務整理、労働問題(退職代行、残業代等)、中小企業の法律問題、離婚(不倫の慰謝料請求等)等を取り扱っています。

病院に残業代を請求したい看護師の方へ!看護師の残業代請求

目次

看護師の労働環境はよくない?

 看護師の労働環境は通常の会社の正社員に比べて良くないおとが多いです。もちろん、病院によって労働環境が良いところと悪いところがありますが、全体として良くないように思えます。

 看護師の労働環境が良くない理由としては、「人材が不足している」ということが挙げられます。
 ただ、人材が不足しているからといって残業代を支払わない理由にはなりませんし、看護師としては当然残業代を請求するべきです。

 たとえ、周りの看護師が残業代を請求しておらず、雰囲気的に残業代を請求することができないような状況であったとしてもしっかりと残業代を請求するべきといえます。

残業代請求をするために気を付けることは?

 残業代を請求したいと思うのは、おそらく病院を辞めるときが多いでしょう。それは、病院を辞めるつもりがないのに残業代を請求すると残業代請求者と病院の関係が悪化し、看護師として病院で働きにくくなるからです。

 それでは、病院を辞めることを決心し、残業代を請求したいと思ったらまずなにをするべきでしょうか?
 
 残業代請求のために1番重要なことは証拠を集めることです。
 
 相談者からよく、「なんの証拠もありませんが残業代を請求することはできますか?」というご相談を受けるのですが、証拠がなければ残業代を会社からもらうことは困難であると言えます。
 もちろん、絶対に会社から残業代を請求することができないとは言いませんが、会社との交渉は難航することになります。

 

残業代を請求するための証拠とは?

 残業代請求を考えている人は、以下の証拠を集めるようにしましょう。

・タイムカード
・シフト表
・業務日誌
・PCのログインログアウト記録
・同僚の証言
・責任者との会話の録音


 証拠としては以上のものが挙げられますが、これらの証拠のうち1つのみを集めておけばいいというものではなく、いくつかの証拠を並行して集めるようにしましょう。

 また、病院を辞めてから残業代請求をするための証拠を集めることは難しいです。必ず病院で働いている期間に証拠を集めるようにしましょう。
 

看護師が残業代請求を行う際の流れ

弁護士への相談

 まずは、弁護士に相談しましょう。残業代請求については、自分で請求することも可能ですが、病院側に話を聞いてもらえなかったりすることが多いです。そのため、残業代を請求するのであれば弁護士に相談してみると良いでしょう。

内容証明郵便の送付

 残業代を請求するとなったら、まずは内容証明郵便を病院に送りましょう。

 もちろん病院に電話をすることで残業代を請求することも可能です。しかし、いつどのような内容の電話があったのか証拠として残らないため、必ず配達証明付内容証明郵便を病院に送るようにしましょう。

病院と交渉する

 内容証明を送ったら、その後は病院側と交渉を行います。そこで、病院側の言い分を聞き、その上で残業代の金額を決定します。

 交渉をする際には、しっかりと残業代の根拠となる証拠を提示できるようにしておきましょう。

労働審判を利用する

 病院と交渉を行ったものの、折り合いがつかないこともあります。このような場合には、労働審判を利用することになります。

 労働審判は、訴訟に比べてかかる時間が短く原則3回の審理で終了します。そのため仮に病院との交渉で上手くいかなかったとしても労働審判を利用すると良いでしょう。

未払い残業代の計算

 残業代=1時間あたりの賃金×残業時間×割増分(1.25倍)

 たとえば、1時間の賃金が1000円、残業時間が10時間だった場合
 1000円×10×1.25で12500円となります。
 

残業代の請求は弁護士へ

 病院を辞める際に、ついでに残業代も請求したいと考えるのは当然といえるでしょう。
 しかし、ご自身で病院側に内容証明を送るなどして残業代を請求することは時間と労力がかかります。
 当事務所では、内容証明の作成から病院との交渉、労働審判まで全ての手続きを行っております。
 
 また、病院は人材不足であることが多く、看護師は残業代の問題だけでなく病院を退職できないとの問題も抱えています。
 当事務所では、残業代請求だけでなく退職の代行についても一括しておこなっております。

 さらに、当事務所では看護師専門の転職支援会社の紹介(当事務所の顧問先)も行っております。
 お忙しい看護師に向けて退職から転職まで全てのサービスをワンストップで提供させていただいております。

【この記事の執筆者

大野法律事務所弁護士 

大野太郎

中央大学法科大学院卒業

 

離婚の際に作成する公正証書の作成や離婚相手に対する慰謝料請求を得意としております。



 

各種SNSでの法律相談を受け付けています!

残業代の請求は大野法律事務所へ

大野法律事務所のライン@

大野法律事務所のライン@

大野法律事務所では、ライン@でのご相談を受け付けております。お気軽にご相談したいという方はぜひご利用ください。

お問合せはこちらへ

大野法律事務所
埼玉県川口市西青木2-1-45 レクイアーレ101号

メールアドレス
t.o.1217@yahoo.ne.jp

業務エリア
埼玉県全域《川口、西川口、蕨、戸田、さいたま、南浦和、浦和、大宮等》

048-299-2704