川口、蕨、戸田、さいたまで債務整理(任意整理)をするなら弁護士へ

大野法律事務所(債務整理)

〒332‐0035
埼玉県川口市西青木2-1-45 レクイアーレ101号

埼玉県川口市の法律事務所です。埼玉県川口、西川口、蕨、戸田、さいたま(南浦和、浦和、大宮)の相談相談は川口市の弁護士へ

相続問題、遺言作成、債務整理、労働問題(退職代行、残業代等)、中小企業の法律問題、離婚(不倫の慰謝料請求等)等を取り扱っています。

あなたが借入れをしている会社は債務整理(任意整理)が可能な会社ですか?

 もし今あなたが任意整理を検討しているのであれば、1つ知っておくべきことがあります。

 それは、借金やショッピングをしている会社(業者)が任意整理に協力的かどうかです。

 任意整理に協力的なところと非協力的なところでは、カットされる利息や分割払いの回数に影響します。

 そこであなたが借金をしている会社が任意整理しやすい会社が確認しましょう。

そもそも債務整理できない会社ってあるの?
プロミスの債務整理
SMBCモビットの債務整理
クレディセゾン
アイフル
エポスカード
アコム
セディナ
ジャックス
レイク
オリックス
オリコ
ニコス
楽天カード
大手銀行
まとめ

そもそも任意整理できない会社はあるの?

 任意整理とは、あくまでも業者が任意に交渉に応じてくれるものです。

 「うちの会社は任意整理には応じません」と言われてしまえば、任意整理を行うことはそもそもできないということになります。

 それでは、現実に任意整理を行うことができない業者はどのくらいあるのでしょうか
 答えは、任意整理できない業者はほとんど存在しません。

 
 業者としてみたら、将来の利息はとれないし、分割払いにも応じる必要があるのになぜ任意に交渉に応じてくれるのでしょうか
 
 それは、仮に任意整理に応じなかった場合、債務者としてみたら自己破産を考えざるを得なくなります。そうすると業者としては自分のところに一銭も借金が返ってこないということになります
 
 そうすると業者としては、自己破産されてしまってお金を一銭も回収できないのであれば、利息を取らず、また分割払いにも応じて少しでも多くの債権を回収しようと考えるわけです。

 以上のことから任意整理に応じてくれない業者はほとんど存在しないということになります。

業者別任意整理
 

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)

 プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の完全子会社になります。
 
①債務整理協力度
 プロミスは債務整理についてそこそこ協力的であるといえます。

②分割回数
 48回~60回(分割回数は、返済期間の長さ等によって変化します)

③利息
 将来利息はカットされるのが原則
 ただし、受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

 以上より、プロミスは、比較的債務整理に協力的な業者であるといえます。
 ただし、借入れを行ってほとんど期間が経過していない場合や、ほとんど返済していない場合には厳しい対応をされることもあります
 


SMBCモビット

 SMBCモビットは、三井住友グループに属しています。

①債務整理協力度
 モビットは、債務整理について非協力的であるといます。

②分割回数
 12回から48回

③利息
 将来利息は、返済期間の長さ次第ではカットに応じてくれます。
 ただし、他の業者と比べると将来利息を原則カットということは行っていないので、交渉が難航するおそれがあります。
 また、受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

 モビット場合には、受任通知を送ってから3か月以内に和解を行わないと任意交渉中であっても、訴訟を提起してくることがあります。したがって、モビットに関しては、他の業者よりも期間を早めて任意交渉を行う必要があります。

 以上より、モビットは債務整理に非協力的といえます。もっとも、全く交渉の余地がないというわけではないので交渉を行う価値はあるといえます。 

 
 


クレディセゾン


①債務整理協力度
 セゾンは、債務整理にかなり協力的であるといえます。

②分割回数
 48回から90回

③利息
 将来利息を原則としてカットしてくれます。
 また、受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットしてくれることがおおいです。

 以上より、セゾンは債務整理について協力的であり、任意整理を積極的に行うべきであると言えます。


アイフル

アイフルは、大手の消費者金融の中では唯一背後に銀行がいない会社になります。

①債務整理協力度
 アイフルは、2018年頃に方針が変わり将来利息のカットを認めない場合や分割払いができない場合があります。
 もっとも、そうはいってもほとんどの場合に将来利息をカットしてくれたり、分割払いができているというのが当事務所の感覚となります。
 よって、アイフルは、比較的債務整理に協力的であるといえます。

②分割回数
 36回から60回(返済期間の長さによって等によって変化します)

③利息
 将来利息はカットされます。
 もっとも受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

 以上より、アイフルは交渉が厳しくなったと言われていますが、実際には今のところそこまで厳しいという感覚はないです。

エポスカード

エポスカードは、丸井グループに属しています。

①債務整理協力度
 エポスカードは、債務整理に協力的です。キャッシング、ショッピングともに任意整理の対象とすることができます。

②支払回数
 48回から90回

③利息
 将来利息はカットされることが多いです。
 また受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットしてくれることが多いです。

以上よりエポスカードもセゾンと同様かなり任意整理に協力的であるといえます。

アコム

  アコムは、ニコスと同様三菱UFJ銀行の傘下にあります。

①債務整理協力度
 アコムは、債務整理に関して比較的協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

 アコムはプロミスと同様比較的任意整理に協力的な業者であると言えます。

セディナ

 セディナは三井住友グループの傘下にあります。

①債務整理協力度
 セディナは債務整理にかなり協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 経過利息についても交渉次第(返済期間等を加味)では、カットされます。

以上より、セディナもエポス、セゾンと同様、債務整理に協力的であると言えます。

ジャックス

 ジャックスは三菱UFJ銀行の傘下にあります。

①債務整理協力度
 ジャックスは債務整理にかなり協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 また受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットしてくれることが多いです。

 ジャックスは、債務整理に関してかなり協力的であると言えます。
 またジャックスは、平成9年に利息制限法を超えて利息をとっていなかったため、過払い金も発生しません。

レイク

 レイクは新生銀行の子会社です。

①債務整理協力度
 レイクは債務整理に比較的協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 もっとも受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

オリックス


①債務整理協力度
 オリックスは債務整理にかなり協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回(生活状況を加味して60回以上も可能)

③利息
 将来利息はカットされます。
 また受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットされることが多いです。

オリコカード

 セディナは三井住友グループの傘下にあります。

①債務整理協力度
 セディナは債務整理にかなり協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 また受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットされることが多いです。

ニコス

 ニコスは三菱UFJグループの傘下にあります。

①債務整理協力度
 ニコスは債務整理にかなり協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 また受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息もカットされることが多いです。

楽天カード

 楽天カードは楽天銀行の傘下にあります。

①債務整理協力度
 楽天カードは債務整理に比較的協力的であるといえます。

②支払回数
 48回から60回

③利息
 将来利息はカットされます。
 もっとも受任通知を送って支払いが停止している期間(3~4か月)の利息を請求されることは多いです。

大手銀行

 三菱UFJ銀行
 任意整理を行う場合にはアコムと交渉を行うことになります。

 三井住友銀行
 任意整理を行う場合にはSMBCコンシューマーファイナンスと交渉を行うことになります。
 
 みずほ銀行
 任意整理を行う場合には、オリコと交渉を行うことになります。

まとめ

 いかかだったでしょうか?
 
 任意整理を行いやすい会社、行いにくい会社があることがわかったと思います。
 
 ただし、この分類は2019年現在のものであって今後変化する可能性がああること、またこの分類は弁護士が交渉を行った結果得られたものであり、ご自身で交渉を行う場合、司法書士が交渉を行う場合を想定していないことに留意してください。




借金問題・任意整理は、埼玉県川口の大野法律事務所へ

 大野法律事務所では、任意整理を行いやすい業者、行いにくい業者を熟知しております。

 任意整理は裁判所を挟まずに交渉を行うため、各業者の特徴を熟知していないとうまく交渉ができません。
 大野法律事務所では、各業者の任意整理に対する交渉対応や特徴を分析し、その分析に基づいて交渉を行っております。
 
 借金問題で悩まれている方がおりましたら、川口市の弁護士である大野法律事務所にご相談下さい。

【この記事の執筆者

大野法律事務所弁護士 

大野太郎

中央大学法科大学院卒業

任意整理を行うにあたって、日々各業者の分析、交渉のやり方について研究しております。

 


 

各種SNSでの法律相談を受け付けています!

サイドメニュー

債務整理(任意整理)は大野法律事務所へ

大野法律事務所のライン@

大野法律事務所のライン@

大野法律事務所では、ライン@でのご相談を受け付けております。お気軽にご相談したいという方はぜひご利用ください。

お問合せはこちらへ

大野法律事務所
埼玉県川口市西青木2-1-45 レクイアーレ101号

メールアドレス
t.o.1217@yahoo.ne.jp

業務エリア
埼玉県全域《川口、西川口、蕨、戸田、さいたま、南浦和、浦和、大宮等》

048-299-2704